レンタルサーバーとは

システム

保存をする場所です

私達は普段インターネットを利用して調べ物を行ったり、動画コンテンツを視聴したりしています。Webサイトのデータを見るためには、データの情報を保存しておく必要があります。その時、保存する場所となるのがサーバーとなるのです。そのためどんな人であってもサーバーをレンタルしデータを保存することによって、ネット上にデータを公開することができるのです。

閲覧できる仕組み

インターネットを利用してwebサイトを閲覧するためには、サーバーが私達の「Webサイトを見せてください」という指示を受けとることによって、データがサーバーから送られるという仕組みがとられています。逆に私達がデータを発信する立場になりたい時には、サーバーを借りる必要があるのです。

気軽に情報を発信できる

インターネット上で情報を発信しているが、レンタルサーバーを借りたことが無いというような方も多くいらっしゃることでしょう。現在は無料でサーバーにデータを保存することができるようなサービスが多くあるためです。その上サイトを制作する知識がないような方でも、気軽に情報を発信することができるのです。ただ容量の制限や自由度を追及していくと、レンタルサーバーを借りてホームページを作成する必要がでてきます。

<PR>
レンタルサーバーは比較して選ぼう
条件にあったところを見つけるコツを公開

新着情報

広告募集中